水のトラブルに気づいたら早めに専門業者へご相談を

水のトラブルに気づいたら早めに専門業者へご相談を 家や職場、外出先でもし水が使えなくなったらどうしますか。少しの時間であれば問題なく、コンビニもあるので心配ないと思うかもしれません。しかし、実際に水のトラブルが起きれば不便な生活になるのは間違いありません。水のトラブルは身近なものであっても、今まで一度も体験したことがないという方もいます。今まで一度も水回りの交換や修理の経験がないのであれば、いつトラブルが起こるか分からない状態かもしれません。
どこで起きてもおかしくないくらい水回りのトラブルは身近なものですが、突然起きたら慌ててしまいます。もしもの時に備えて、様々な水回りのトラブルに関する豆知識を知っておくと冷静に対処できます。

■寒い季節は凍結に要注意

私たちの暮らしは水回りの環境が安定していることで成り立っていると言ってもいいかもしれません。それは暑さ厳しい夏も、寒さ厳しい冬も同じで、一年を通して水が使えることで健康で安心できる生活を送ることができます。しかし、季節によっては水のトラブルが起こりやすい時期もあります。それが冬です。
季節問わず安定して水が使えることは当たり前のことではなく、外気温が低くなる季節は水のトラブルが起こりやすいことを頭の片隅に置いておいてください。特に気温が下がる地域のことだからと思い込むことも危険です。雪がたくさん降る地域に限定していることではなく、どの地域で暮らしていても凍結などのトラブルが起こりやすいです。

■トイレは水のトラブルが多い場所
水回りの中でも特にトイレはトラブルが起こりやすい場所で、なおかつそのトラブルは素人にはなかなか直せないのも困ったところです。ただし、ちょっとした小さなトラブルの中には修理も工事も必要ないものもあります。
例えば、レバーを引いて水を流す時、レバーが空回りすることもあります。レバーそのものが動かなくて水を流せないことも珍しいトラブルではありません。その場合、部品の交換が必要な場合もありますが、少しのズレを直すことで状況が改善することもあります。

■トイレが古くなったらリフォームもおすすめ

まだまだ修理要らずで使えるならもちろん問題はないでしょう。ただ、トイレは消耗品のひとつと捉えておく必要があります。トイレの本体そのものには寿命があります。毎日どんなに丁寧に使ってしっかり掃除をしていても、老朽には勝てません。本体が古くなれば修理だけでは済まないこともあります。
世の中はどんどん便利になって、生活スタイルにも変化が生まれてきました。トイレも同じで昔に比べると快適なトイレ空間が身近になり、トイレで過ごす時間はリラックスタイムと答える人も増えています。トイレは寒くて冷たくて臭いが気になる場所だった昔とは、ずいぶん様変わりしました。実際にトイレが壊れてしまえば、トイレが使えなくなる不便な生活を送ることになるので、トイレの修理や本体の交換はもちろん、この機会にトイレリフォームを検討するのもありかもしれません。トイレの故障がきっかけとなってリフォームをしたという家庭は案外多いのです。

■まとめ
水回りの凍結もトイレのトラブルも、いつ起こるか分からない水のトラブルのひとつです。こうして水回りのトラブルに関する情報に目を通していくと、以前に比べて異変が起きていることに気づくこともあるでしょう。
もしかしたらそれはすでにトラブルが起きている証拠かもしれません。また、トラブルが起こる前兆かもしれません。トイレを使用する際に以前と違うと感じた場合は、大きなトラブルが発生する前に一度専門業者にメンテナンスを依頼するのもひとつの方法です。その場合は、迅速に対応できる業者を選んでおくと、いざトラブルが起きた場合でも安心して依頼できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース